So-net無料ブログ作成

太陽光発電は儲かるの?

太陽光発電投資ってお金を儲けることができるの?という疑問を解決します!

 

過去ログページ

-| 2016年02月 |2016年03月 ブログトップ

太陽光発電の投額回収期間 [太陽光発電投資は儲かるの?]

投資という観点で考える時は、利回りをみるのが早いですよね。

年間収入/投資金額

例えば、
年間収入100万円・投資金額1000万円とした場合、
1,000,000 ÷ 10,000,000 = 0.1
利回り10%ということです。

つまり、10年で回収するということですね。

投資という観点では、この利回り10%を目指すというのが目標ラインでしょうか。


不動産投資などでも、この10%という数字は、ひとつの目標値です。
とは言え、現在不動産でこの数字を仕上がり数字として確保することは
非常に難しい状況です。
相場家賃に設定し、空室率を下げる為には、そこそこの投資が必要になります。
それができたとしても変動リスクは他にも色々多いのが不動産投資です。


その点、太陽光発電投資は、変動リスクが少なく、予測もしやすいので、
仮に利回りが8%となる場合でも、ほぼ確実にその数字をキープできるのなら
こんな安定した投資はないでしょう。
ほとんど放ったらかしでもいけますしね。


太陽光発電の年間収入は、売電収入であり、発電量に比例します。
投資額は、太陽電池モジュール(太陽光発電パネル)、架台、接続箱、
パワーコンディショナー、分電盤などの機器代及び工事代です。
土地については、土地を所有していれば当然不要ですが、
土地を持っていなくても借りるという方法があります。

個人で土地を探すのは大変なことですし、仮にあったとしても借地の契約まで
成立させるには大変な労力が必要です。

この土地探しから契約、そして太陽光発電所の設置、そしてメンテナンスまでを
一括で行なってくれる企業があります。
このようにパッケージングされた商品を検討するのが、最も早くて楽な方法です。

015m.jpg

もちろん、ローンを組んでということになりますが、ここは不動産投資でも同じこと
です。投資を目指すあなたは、
企業が提案する商品の利回りなどの内容を吟味するだけ
こんな手っ取り早くて堅い投資は、あまりないでしょう。



タグ:利回り

太陽光発電の投資リスク [投資リスクは?]

太陽光発電の投資リスクを考えておくことも重要なポイントですね。
以下にざっと考えられるリスクを挙げてみます。

①災害リスク

②日射量低減リスク

③製品の性能によるリスク

④メンテナンス不足によるリスク

⑤買い取り期間内の制度諸条件変動リスク

一旦設置してしまえば、不労所得を産み出してくれるわけですから、
当然といえば当然のリスクです。

しかし、他の投資案件と比較してみてください。
太陽光発電のいいところは、⑤以外すべてある程度事前に手が打てる内容です。


まず①の災害リスク
太陽光発電パネルは、台風や土砂災害で故障が発生した場合、
保険でカバーされます。

そもそもパネル自体は強化ガラスで作られていますので、衝撃に強い特性があります。
また、外部と絶縁されているので、落雷の被害も受けにくいのです。
ひとつ弱点を言えば、塩害です。
つまり、塩害の被害を受けそうな場所を避ければ良いということです。


そして②の日射量低減リスク
これって回避できないでしょ? と思われましたよね?

回避策は、事前の場所選びで決定すると言ってもいいでしょう。

日本全国の日射量をデータベースにしてくれている有難いサイトがあります。
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構【NEDO】
という機関が数字にまとめてくれているのです。

これで事前調査の確度がグンと高まります。
あとは、設置場所の近隣に大きな建物の建築計画などがないかどうかを
調べておおけばほぼリスクを回避することができそうですね。
地軸の傾きが変わったりする可能性は極めて低いでしょう(笑)


次に③の製品性能によるリスク
これだけは、素人では判りかねます。
やはり名の通った企業の推奨するものを優先的に選ぶのが無難でしょう。
大手メーカーなら、アフターもしっかりしている筈です。

ちなみに、インリーやRECというメーカーの製品は、信頼性が高く人気のようです。


そして④のメンテナンス不足によるリスク
発電効率とか土地価格の安さを考えると、都心から離れた利便性の悪い場所が
太陽光発電には適しているということになります。
つまり、ちょっと見に行ってくるというわけにはいかないのです。

雑草がパネルに陰を作っていないか? 土埃で覆われていないか?
このような発電阻害要因をきちんと管理してくれる、そんな業者を選べば
安心ですね。もちろん管理してもらう費用は必要ですよ。

ちなみに、太陽光発電システムの中で、大きなウェイトを占める消耗品に
パワーコンディショナーという装置があります。
詳しくは別で説明しますが、この装置の取り換えが必要になった場合のことを
考えて、念のため毎月積み立てをしておくことが賢明と思われます。


最後に⑤の制度変動リスク
こればかりは、他力本願で行くしかないところです。(汗;)
ただ、この太陽光発電の売電固定買取制度というものは国が決めています。

これは、エネルギー製造の海外依存度が94%と異常に高い日本が直面している
大きな問題をどう乗り越えるかという”国策”が背景にあります。

詳しくは、こちらを参考にしてみてください。
 >>> 再生可能エネルギー


039m.jpg


国益に直結するテーマですので、そう簡単に国民の混乱を招くようなことを
することはないのではないでしょうか。
原発の再稼働が、元のようになれば話は変わるかもしれませんが、
現実的には極めて困難な状況です。
投資である以上、楽観視はできませんが、ご自身で判断してみてください。



太陽光発電で節税? [太陽光発電投資って節税になる?]

ここでは個人事業を前提にお話をしていますので、
その点をご承知おきくださいね。

さて、太陽光発電で節税対策ができるのかっていうことですが、
答えは、できます。


前の記事でもお伝えしたように、
個人事業(青色申告)として税務署から認めてもらえれば、
損益通算ができるということです。


サラリーマンの方が不動産投資する場合のお話と一緒ですね。

事業として行うのであれば「青色」、副収入として行う場合は「白色」です。

現在は既に無くなってしまいましたが、グリーン投資減税制度を使いたい
という場合は、青色でないといけません。
この制度が無くなった今は、生産性向上設備投資促進税制というものがあり
平成29年の3月末日まで適用を受けることができます。
このあたりは別の記事で紹介します。


個人事業の場合、確定申告する年度の前年度内に「開業届」と「青色申告承認申請書」を 税務署に提出しなければなりません。

サラリーマンの場合は、副業を禁止されている会社もありますので注意してくださいね。

023m.jpg



しっかりと太陽光発電投資を考えているのであれば、
それが可能な方は、
事業として行うのが良いのではないかと思います。

不動産投資は、物件選定の難易度の高さや空室リスクなどを考えると
なかなか簡単には手を出せないものですが、
20年固定買取期間という手堅い制度に支えられてる太陽光発電は、 なかなかの投資案件ではないでしょうか。

ただし、あくまでも投資です。
リスクはつきものですから、そこのところは勘違いされないようにしてくださいね。




太陽光発電システムの導入費用は? [太陽光発電の初期投資額は?]

太陽光発電を事業として、発電した電気全部を買い取ってもらうためには、
10kw以上の発電容量が必要であることは最初の記事で説明しましたよね。

ということは、たくさん電気を作れば作るほど儲かるという理屈となります。

1kwあたりに要するコストを35万円~40万円とすると、
10kwで350万円~400万円ということになります。


平成27年度の売電価格は、1kwあたり27円(税抜)です。


10kwの売電価格が270円ということですね。

たったそれだけ?

そう思われるかもしれませんね。


例えば、シャープさんのHPにあるシミュレーターを使ってみると
約100㎡の土地に野立て太陽光発電を設けた場合、
パネル設置数48枚、年間総発電量約11,720kwh、
年間売電収入約34万円という数字が出てきます。

つまり、20年間で680万円の売電収入が上がるというわけです。
パネル48枚ということは、12kwちょいの発電システムということです。


035m.jpg


ここでのお話は、諸条件やロス等を厳密には考慮していないものとして
捉えてください。


現段階での結論としては、個人投資として太陽光発電に乗り込むなら、
50kw程度のシステム導入を考えるのがポピュラーなようですね。


太陽光発電投資って個人でもできるの? [太陽光発電投資は儲かるの?]

太陽光発電は個人が事業として投資できます。

大別して、住宅用太陽光発電と産業用太陽光発電とに区分されます。

住宅用というのは、自宅の屋根に太陽光パネルを乗せるものですね。
一般的に発電容量は、10kw未満となります。
この場合の売電のスタイルは、
余剰電力買い取りという形で10年間買い取りを保証してくれる
というものです。

言わば、実需と投資をミックスさせたようなものです。


これに対し、産業用太陽光発電というのは、
発電容量が10kwを超えるシステムのことを言います。

そしてこの場合の売電スタイルは、
全量買取で20年間の買い取りを保証してくれるのです。

現在、大手企業がこぞって太陽光発電に投資を行なっていますが、
これだけでも儲かるものかどうかは推測することができますよね。

では、この太陽光発事業というものは、個人でもできるものなのでしょうか?


答えは、・・・・ できます!
009.jpg


個人でもその太陽光発電が事業として税務署に認められれば、立派な個人事業主となります。

太陽光発電投資として位置付けるためには、それ相応の発電容量が必要です。
自宅の屋根に乗せる場合、よほど大きな面積でかつ条件が整っている必要がありますので、
現実的には、土地を活用するスタイルとなります。
野立て太陽光発電」と呼ばれています。

要件を満たせば100%認められるというものでもないという建て前がありますが、
資源エネルギー庁が、個人向けに発信しているメッセージにこう記載されています。

出力量50kW未満の場合であっても、次のような一定の管理を行っているときなどは、 一般的に事業所得になると考えられます。

1.土地の上に設備を設置した場合で当該設備の周囲にフェンス等を設置しているとき

2.土地の上に設備を設置した場合で当該設備の周囲の除草や当該設備に係る除雪等を行っているとき

3.建物の上に設備を設置した場合で当該設備に係る除雪等を行っているとき

4.賃借した建物や土地の上に設備を設置したとき

など


個人でも事業所得と認められた場合は、給与所得との損益通算が可能になります。
つまり、節税等の対策を講じることができるわけです。


まずは、個人でも事業として投資することができます!というお話でした。




-|2016年02月 |2016年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。